FC2ブログ
だるまのブログ

プロフィール

だるま大吉

Author:だるま大吉
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



自由に乾杯!交流会

<だるまの世直し放談③>    2013年3月

自由に乾杯!交流会

私が20歳の時に思ったことは、選挙権を持つと政治に参加できるのだから、社会問題を
しっかりと把握したい、また、自分の人生の中で少しでもそれを改善できるような
働きをしたいということです。いろいろなNGOやボランティア団体、そして、宗教団
体の話を進んで聞きに行きました。

そして、私が選んだのがアムネスティ・インターナショナルです。

アムネスティは、たった一人の勇気ある行動から生まれました。
1961年、ロンドンの弁護士ピーター・べネンソンは、当時、軍事政権下にあったポル
トガルのあるカフェで、2人の学生が「自由のために!」と乾杯したために逮捕され、
7年の刑を受けたという記事を目にしました。

憤りを感じたべネンソンは、「国家権力によって自由を奪われ、その存在すら消され
てしまう人々がいる。そうした人々を忘れないために、世界中の人々が声を上げるこ
とができれば・・・」とイギリスとフランスの新聞に記事を通して訴えました。
その記事は欧米各国の新聞に翻訳され、すぐに1000通を超える反響が寄せられまし
た。べネンソンは、暴力を用いてもいないのに、自らの信念や人種、宗教、肌の色
などを理由に囚われの身となった人々を「良心の囚人」と呼び、彼らの釈放を求め、
世界各地の市民の手で各国政府に手紙を書こうと呼びかけました。
その年の終わりに「アムネスティ・インターナショナル」と言う名前が付き、市民が
自らの手で釈放を求める国境を越えた人権運動が誕生したのです。

それから十数年後の世界大会で、国際連合と同じ方向性を持つようになりました。す
なわち、世界人権宣言に謳われているように、人間らしく生きることのできる世界の
実現に向けて活動することになりました。

現在では世界の150の国と地域に300万人以上の会員を有する世界最大の人権擁護団体に成長しました。

今年の総会で(公社)アムネスティ・インターナショナル日本の理事に就任しました。

私は特に力を入れているのが、人権パスポートを通じて世界人権宣言を普及することです。
また、人権ウィークにはフェスティバルを開催して世界人権宣言をアピールしていま
す。個人的に、12月10日を世界の祝日にして世界中でイベントを企画し、その日だけ
は、差別、搾取、拷問、死刑、戦争、紛争、いがみ合いなどのない1日ができればい
いなと夢見ています。

尖閣諸島、竹島、北方領土、原発、パレスチナ、シリア、その他の問題をいろいろな
考えを持つ方々と自由に意見交換できる場を持ちたいと考えています。
そのような自由に乾杯!交流会を企画しますので、是非ご参加ください。

それではあなたと、自由に乾杯!

スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://darumajuku.blog116.fc2.com/tb.php/59-25b9e18e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)