FC2ブログ
だるまのブログ

プロフィール

だるま大吉

Author:だるま大吉
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



正しい歴史認識

<だるまの教育放談⑫> 教育で教えなければならないこと(その12)

「正しい歴史認識を持つこと」          2012年10月

尖閣諸島、および、竹島問題で中国政府、韓国政府と日本政府との間で大きな外交問題が
生じています。その背景には歴史認識の違いがあると思います。
だれも住んでいない島のために数百万の命を落としたり、数億人の悲しみを生むようなことがあってはなりません。
不幸な歴史を繰り返さないために、私たちは自らの頭で考え、自ら行動に移さなければなりません。

数年前、中国でのワールドカップ予選の開始前、日本の国歌が流れているときに中国人から大ブーイングが起こりました。そのことに反感を持った日本人は多々いると思います。
協力隊OB(中国、自動車整備)で中国人と結婚している人がいるので、あの騒ぎは中国政府がコントロールしているのか否かを訊ねたところ、「中国での教育内容を知れば政府のコントロールではないことがわかりますよ。」との返事でした。

私は協力隊でフィリピンに行くことにより、1941年12月8日に真珠湾攻撃と同時に日本軍がフィリピンやその他東南アジアに進行したことを知り、また、フィリピン人全員が知っている「ヒロヒト」や「ドロボー」の事、偽札(軍票、大日本帝国発行)、マニラの市街戦、日本型大アジア主義などを学びました。
配属先のフィリピン教育大学の先生方に当時の戦争の事を聞いても、私を気遣ってか、「私からは言えない。本屋にたくさん関係書籍があるので読んで欲しい。」との答えしか返ってきませんでした。

在日朝鮮人や韓国人に、「あなたは日本社会、および、日本人に何を求めますか?」と聞いたことがあります。
高校生の息子を持つ在日韓国人によると、息子が何か意見を言うと、周りの生徒たちから「嫌やったら国へ帰れや!」と言われるそうです。
彼は、日本の子供たちも学校で、「なぜ在日朝鮮人、韓国人がいるのか。」をきちんと学べば、そんなことは言わないだろう、と言っていました。
また、在日朝鮮人の女性は、「なぜ日本が朝鮮を植民地にしたのか?」を日本人一人一人に聴きたい、と言っていました。
それは私の人生の宿題になっています。あなたは答えられますか?

中国政府や韓国政府から謝罪しろ、と言われて謝るのは本当の謝罪ではありません。
謝罪とは自分たちが、なぜ、どのような過ちをしたのかを明確にした上で反省し、それから謝罪があるのだと思います。

今後、フィリピン、中国、北朝鮮、韓国の小中学校の社会の教科書を手に入れ、翻訳したいと考えています。
ご協力頂ける方は連絡ください。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://darumajuku.blog116.fc2.com/tb.php/56-cbfcce58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)