FC2ブログ
だるまのブログ

プロフィール

だるま大吉

Author:だるま大吉
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



愛の心

~だるまの教育放談③~
教育で教えなければならないこと(その3)

「愛の心」

前回、すべての人はその人生の中で幸せに生きたいと願っている、と書きました。
それでは、幸せってなんでしょうか。
収入がもっと増えること、試験に合格すること、一見かっこいい人と結婚すること、周りの人と同じように暮らせること、痩せること、子供を持つこと、自分の子供が周りの子供たちより優秀であること、食べるものがあること、神を信じること、自由にものが言える社会になること・・・
100人いれば100人の幸せがあるのだと思います。

しかし、多くの場合が欲望、我欲だと思います。
それでは、本当の幸せとは何でしょうか。
それは、目を閉じて心の中を覗いてみた時に、そこにいつまでも一緒にいたいと思う人や物が存在するときにそのように感じるのではないでしょうか。
一人ではなくもっと多くの人が存在すると、もっと大きな幸せを感じると思います。
そうであるならば、そのような人を一人でも多くつくるように努力する生き方は素晴らしい。
そういう生き方をしよう、というのが愛の心です。

イエスさまは「愛」を説かれました。
クリスチャンの方、上記の愛の心と同じでしょうか?どうか教えてください。

フィリピンでの隊員時代は、毎週、現地の家族(家族の一員にしてくれました)と一緒に教会の礼拝に行っていました。
安らかな心になれました。

<マザー・テレサは素晴らしい>
カトリック教徒のマザー・テレサは、ヒンズー教の国インドで、法律では廃止されたものの習慣として残るカーストの最下層の人々の立場に立って活動しました。
路上で生まれて路上で死んでいく彼らのために「死を待つ人の家」を作り、亡くなる前は手を握り、涙を流し、安らかな思いで死なせてあげました。
そして、ヒンズー教のお葬式をしてあげました 。
彼女は神の意思に従い、宗教の壁を超えられたのだと思っています。
彼女が亡くなった時、ヒンズー教の国インドがキリスト教徒のマザーのために国葬をしました。
このような活動こそが世界平和に繋がると考えています。

先日、クリスチャンでもないのに西成の教会の礼拝に参加しました。信者と同じように手を高らかにあげ、「ハレルヤ!」と叫んだりしました。
後で、信者代表の方と議論しました。
私はマザーテレサは素晴らしいというと、彼は、「彼女は神の前で裁きを受け、地獄で暮らすことになると思う。」と言っていました。

宗教は完ぺきな世界です。100%正しいので、それ以外の意見を聞く必要はありません。だから、他宗教を体験もせずに否定するのです。
寛容の心を持つべきだと思います。

<天国と地獄>
以前、天国と地獄というタイトルの紙面を読んだことがあります。
天国も地獄もどちらもたくさんの食糧があります。しかし、1Mのフォークを使わないと食べることができません。
フォークが長くて、自分では食べることができないのです。
地獄では、誰もが自分の事しか考えないので、皆が餓え苦しみ、フォークが武器になり、傷つけあい、殺し合いをしています。
しかし、天国では、まず相手の事を考えるので、お互いに食べさせてあげて、誰もが平和に、そして、幸せに暮らしています。

天国や地獄から帰ってきた人はいません。よって、その存在を証明することはできません。
しかし、天国や地獄というのはあの世だけものではなく、この世にも存在するのではないでしょうか。

果たして、私たちはどちらの世界で暮らそうとしているのでしょう。
天国でしょうか。地獄でしょうか。

※ 偏見の壁を低くするDVD:①「クラッシュ」②「アメリカン・ヒストリーX」③「タイタンズを忘れない」

スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://darumajuku.blog116.fc2.com/tb.php/43-c86f33d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)