FC2ブログ
だるまのブログ

プロフィール

だるま大吉

Author:だるま大吉
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



自由の心、寛容の心

~ だるまの教育放談⑤ ~
教育で教えなければならないこと(その5)
                            2012年3月
自由の心

塾やそろばん、ピアノにバレエ、水泳等習い事だらけで自由がないと感じている子供がいます。
やる気が全くないならば、やめればよいのです。
やる気を持ってする場合とやらされてする場合とでは自ずと結果が大きく違ってきます。
自由とは、わがままに好き勝手なことをしてよい事ではありません。

自由の心とは、自分自身の人生は、自分自身の責任のもとに、自分自身で判断し、自分自身が本当に正しいと信じた生き方をすることです。
但し、両耳を閉ざして他人の話を聞かずに自己主張するだけではいけません。

寛容の心

神は完ぺきかもしれません。
しかし、神の教えを解釈する人間は決して完璧ではありません。
人間個人の生き方考え方に100%正しいものは存在しません。
よって、自分とは違う他の意見にも耳を大きく開いてじっくりと聞く必要があります。
そうすることが寛容の心です。

寛容の心を持つ人は控えめであまり目立ちません。
そういう人たちの中に真の人格者がいるのかもしれません。

スポンサーサイト