FC2ブログ
だるまのブログ

プロフィール

だるま大吉

Author:だるま大吉
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



「ビルマ、パゴダの影で」                2010年4月18日

<アムネスティ月例会>

アムネスティなにわグループでは毎月の月例会でアムネスティお勧めのDVD鑑賞会を開催しています。

今日は「ビルマ、パゴダの影で」を鑑賞しました。
ビルマパゴダの影で


東ヨーロッパ調整チームも参加して頂き、一緒に見ました。

これは、スイス人の女性監督が、ビルマ政府に観光用PR番組の撮影と偽り、ビルマのジャングルの奥深く国境近くに潜入し、少数民族の証言をもとに作成したドキュメンタリーです。

ビルマの現状が良くわかります。ビルマ人もこのことを知らない人が多いそうです。
なぜならば、軍事政権が報道規制をしていて、自国民に真実を伝えようとしていないからです。

<国名はミャンマーなのか?ビルマなのか?>

昨年、ビルマ難民のKさんと話す機会があり、国名はどちらなのか?と聞いてみました。

彼曰く、「ミャンマーという国名は、軍が勝手にクーデターを起こし、独断でビルマからミャンマーに変更してしまった。ビルマ国民が決めた国名ではないので、ミャンマーは認められない。」ということでした。

彼の意見が正しいと思うので、ビルマ、ビルマ人で通します。

<まず、真実を知ること>

DVDの良いところは特典映像がついているところです。

そのトークイベントからいろいろな真実がわかりました。
女性監督、大学の先生(ビルマの専門家)、ビルマ難民の話しが聞けました。

①軍事政権は、国家予算の6割を軍事費に当てている。
周りに危険な国、緊張関係にある国があるわけではありません。
その軍備はすべて自国民を弾圧するためです。
(なんという馬鹿な政権でしょう。)

②教育費や医療費は各2~3%です。

③日本のODAが軍事政権を支えている。
ビルマ難民は「ODAでお金や物を送らないで欲しい。」と訴えていました。

④軍事政権は民族浄化(少数民族を抹殺し、都市部にいるビルマ民族だけの国に)しようとしている。

⑤現地で活動しているNGOに1万円を寄付すると、1つの村の1ヶ月分の食糧が賄えるそうです。

<日本人である私にできること>

①真実を日本社会の多くの人々に知ってほしいので、ブログなどを通じて広報活動をする。
友人の希望者にこのDVDを貸し出す。

②日本のODAはどこが出しているのか?外務省?JICA?を確認する。

JICAの知人に確認する。JICAならば意見を言います。

<感動物の映画を求む>

だるま塾とアムネスティなにわグループでは感動物の映画、DVDを探しています。

映像の力を利用して、偏見の壁を低くしたいと考えています。

文化、言語、国、宗教、民族などが違っても同じ人間だと認識できるようなものを集めて学習しています。

良いものがございましたら、ご紹介ください。

スポンサーサイト