だるまのブログ

プロフィール

だるま大吉

Author:だるま大吉
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三国志

漸く、高校、大学の入学試験が終了し、来週からの春休みにあたり、三者懇談会を実施しているところです。

1年間の成果を三者で確認し、結果と原因をチェックしています。

釈迦の言葉で「因果倶時」(原因と結果は必ず一致するというものです。)がありますが、正にその通りです。

最近の学力低下の原因の一つに、国語力の低下があげられます。

つまり、中学生で学力の低い生徒は、小学校で習う漢字がほとんど読めません。

よって、中学校で読書の時間を設けても、漢字が読めないのでその部分を飛ばして読むので内容が全くわからないのです。
⇒わからないから、勉強は面白くなくなり、嫌いになってしまうと思います。

日本語がきちんと読めないと、作文もかけないし、思っていることをうまく話せません。

そうなると、社会に出ても責任ある仕事は任せてもらえないかもしれません。

今は勉強が嫌いで成績が悪くても、漢字力がついていれば、大人になってから、本当に勉強しようと思ったときにすることができますが、漢字を読めない書けない人は、その可能性が狭められます。

そういう話をして、A君に昨年の懇談会で講談社の「三国志」(これはほとんどの漢字に読み仮名がついている)を貸したのですが、1年を経過しても半分しか読んでいませんでした。

ん~、コマツタ、コマツタ。

億劫がらずに、わからない漢字は漢和辞典で調べる習慣をつけるように話した上で、yahoo動画の三国志を見ることを薦めました。

中学生には中学を卒業したらどうするのか?高校卒業後はどうするのか?
どのような仕事について生活していくのかを時々考えて欲しいと思います。

そして、生きて死ぬまでの人生を志を持って生きてくれたらいいな、と思っています。

その参考になるかとも思いますので、是非一度「三国志」をご覧下さい。(2009年9月18日まで無料で見ることができます。)

以下のアドレスをURLに貼り付けてチェックしてください。
http://streaming.yahoo.co.jp/playlist-qvQQwTO_Fwgkt.Oqli9A9_69b3HQvg--?myp0=list&myp1=lid576460752303947150
スポンサーサイト

社会の仕組みづくり(1)

2時間かけて姫路の兵庫県OB会のイベントに参加してきました。

マレーシアのOGのSさん;

彼女の任地の写真を見ていると、横からいろいろと解説してくれました。

彼女は少年院の教官をした後に、マレーシアの青少年活動で協力隊に参加されました。

現地では、障害者問題やごみ問題に取り組んだそうです。

海上で暮らす人たちがペットボトルを廃棄するので海面はごみで埋まっていました。

村の結婚式はとてもゴージャスでした。ご飯の部屋があって、バナナの皮の上にご飯がてんこ盛り。軽く100人分それ以上はありました。
村人の誰が来ても良いそうです。

また、大きな駅の前では障害者が一列に並び、足マッサージをして金銭を得ていました。

自立支援のすばらしい方法だと思いました。

私はマレーシアのお隣のフィリピンに配属されていたのですが、それとは全く違う光景がありました。

しかし、多くのOBOGと話して感じる共通点は、途上国の子ども達は実にたくましく生きていると言うことです。

彼らには他人の助けがなくても、生き抜くパワーを感じますが、今の日本の子どもたちは、依存心が強くて、親や学校の先生やその他の大人たちがズーと面倒を見てくれると錯覚しているのではないかと思います。

途上国の市民と暮らした2年間は、人生の貴重な時間であり、その体験から学んできたものは計り知れないものがあります。

OBOGたちのその学びをつなぎ合わせていくと、日本社会が失ってしまった本当の幸せが見えてくるのではないか、と考えています。

これから、社会を良くする仕組みづくりを考え、行動に移したいと思っています。


笑った者勝ちだぞ!

「笑った者勝ちだぞ!」

これは、四国リーグ・カマタマーレ讃岐の車いすの監督、羽中田 昌 監督が選手に向かって
よく言う言葉です。

彼は、サッカーの名門、菲埼高校の元エース。2年連続全国大会準優勝の経験があります。

しかし、高校を卒業してすぐに、バイク事故で下半身不随になってしまいました。

リハビリや針治療などあらゆる努力をしましたが、車いすの生活を決心すると、猛勉強をして
県庁職員に採用されました。

しかし、数年後、テレビでJリーグの開幕を目にすると、「同期の連中が活躍する中、どうして俺が
ここにいないんだ。」という思いが沸いてきて、どうしてもサッカーに関わりたいという思いを強くした
そうです。

それから、9年間勤めた安定した公務員を辞め、監督になる夢を抱いて、スペイン・バルセロナに
渡りました。

そこで、5年間、サッカーのコーチングをしっかりと学び、ついに、念願の日本国内最高ランク「S級
ライセンス」を取得しました。

これは、日本代表監督にもなれる凄いものです。

こうして、2007年、史上初の車いすのサッカー監督が誕生したのです。

彼は、選手がミスをしたら笑えと言います。

落ち込んでいたら、さらにミスを重ねるからだそうです。(ごもっとも)

逆境にあるとき、悔やんでもどうすることもできないとき、彼は笑って乗り越えてきたのでしょう。

この言葉を、当塾の2月のテーマとしました。

しかし、彼の奥さんの言葉はもっと凄いのかもしれません。

彼曰く、「自分がここまで来れたのは妻の励ましの言葉があったからです。」と。

それは、「あきらめない限り、夢は絶対に逃げていかない!」







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。