FC2ブログ
だるまのブログ

プロフィール

だるま大吉

Author:だるま大吉
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



高認、合格おめでとう!

中学時代はやらされる勉強をしていたAくん、そんな彼が夏休みの終わりに保護者と一緒に塾に相談にやって来ました。

私の元を昨年の春に巣立って、無事に高校の総合学科に進学したのですが、高1の夏休み前に、学校の授業が全くわからなくなり、また、学校も面白くなくなり、退学してしまいました。

その後、アルバイトをして、バイクを買って乗り回したりしていたのですが、約1年間、その様な生活を続けていて、とても不安な気持ちになってきたそうです。

同級生たちは、高2生になり、来年は高3、そして、大学や専門学校へ進学するのに、自分はこのままでよいのだろうか?

自分は10年後、20年後もこのままなのだろうか?

ということを、彼は夏休みにしっかりと時間をかけて考えました。

そして、高校卒業認定試験を受けたいので指導して欲しい、と私に救いを求めてきたのです。

高認の専門塾ではないので、また、宿題を全くしない子だったので、しばらく熟慮した私は、「毎日3時間、月~土までするなら何とか面倒を見ましょう。」と言いました。

9月1日から毎日、A君は来て、一生懸命に勉強しました。
今までのやらされる勉強ではありません。
集中力は大した物です。

それから11月の半ばに高認の試験がありました。
2年計画で考えていたのですが、つい先日、合格通知が彼の元へ届きました。

わずか2ヵ月半で、それも一発合格です。8教科全部、合格しました。

高認に合格することが目的だったので、今後どうするのかを聞いてみると、大学に行きたいと言います。

それも国公立大に行きたいと言うのです。
それはもっともっともっと厳しい道です。
しかし、その志があるならば、協力は惜しみません。

富士登山のように、足元を見て、一歩一歩着実に足を運んでいこう。
休むことなく、止まることなく。

Aくん、高校卒業認定試験、合格おめでとう!

スポンサーサイト

長居駅伝 でんでん

長居駅伝      12月14日 

10時10分のスタートですが、その前に小学生の駅伝大会がありました。
どの子も軽快に走っていました。
一生懸命に走っている顔を見ていると、なぜかうれしくなります。
子どもも大人も頑張っている姿は美しく、そして、かっこいい。

さて、大人の部は、1周2.8Kmを6週、それを6人でたすきリレーします。
当日、足の故障等でキャンセルが2名あり、Yさんと私が2週ずつ走ることになりました。

脂ののった若い連中を相手に、全力を出すオッサン。
そんな自分が大好きです。

走っている私の横を、目の不自由な人が伴奏者に紐で誘導してもらいながら、息を弾ませながら走りすぎていきました。

「伴走の人も大変だなあ。果たして、自分にはできるかなあ。」等と考えながら、走っていました。

心地よい風を全身に浴び、漸くゴールしました。

結果は、昨年よりも順位がやや上がったかなというところ。
実は、我々より遅いチームが参加してくれただけの話。
昨年は、主催者側にいやな顔をされたが、今回はそれがなくて良かったです。

走り終わった後のメンバーの顔は、どれも爽快でした。
心地よい疲労感がなんともいえません。キモティイイ!

この日のために、Hさんが、ブルーシートやポット、バナナ、コーヒー、お茶、それらすべてを一人で用意してくれました。
それが彼の数少ないいいところです。

着替え終わって、記念写真を撮ろうとゴール前へ行くと、高校生たちが楽しそうに写真を撮っていました。
手には、トロフィー、賞状、記念品を持っているではないですか。

「あのトロフィーを借りて撮ろうか。」と私は冗談で言いました。
ところが、それを聞いたHさん、高校生たちのところへ行ってトロフィーを借りてくるではないですか。
「この恥知らず!」と言いたいところですが、私の手にも記念品が・・・
賞状には3位と書いてあります。
メンバー全員、ニッコリ笑って写真に納まりました。

2008長居駅伝


その後、Hさんはトロフィーを持って走り出そうとするし、全く困ったものです。

何とか笑いで納まったものの、間違っても「協力隊」の名前は出せませんでした。

来年とは言いません。
3年後くらいは、もう少し順位を上げ、正々堂々と頑張って、形あるものにしたいです。

そして、今回のような元気のいい若者に、協力隊の話をして海外でそのパワーを発揮して欲しいな、と思っています。


打ち上げは、近くの中華料理店でしました。
餃子・海老天・酢豚・レバニラ・麻婆豆腐、そのどれもがボリュームがありました。
早いし、安いし、うまいしの3拍子がそろっていました。
おまけに店の方が中国人で、本場の庶民的な広東料理が味わえました。
4人でビールも飲んで、OBOG会の補助もナシで8,600円でした。(一人当たり約2,000円)

年齢を重ねると共に落ちていく体力と気力。
年に何回か、このような刺激があるから目標ができ、「よし頑張ろう!」という挑戦心が湧いてきます。

さて、お次は2009年1月2日のだるま塾新春マラソンです。
生徒が勝つとお年玉をあげなければなりません。
私が勝つと、翌日に10時間学習を生徒がしなければなりません。
前回は私の完敗。
果たして次回はどうなることやら?

でんでん